岐阜県での建設業許可、経営事項審査(経審)の申請サポートは行政書士大口事務所。新規許可取得、更新、業種追加、事業年度終了届など幅広く対応。

HOME » 許可後の各種手続き » 事業年度終了届 | 岐阜県 建設業許可・経審サポート.com

事業年度終了届

建設業許可を取得した後は、法人の場合、決算月から4か月以内、個人事業の場合、4月末までに事業年度の終了届を提出しなくてはなりません。この提出を怠っていると、5年毎の建設業許可の更新が行えなくなりますので注意が必要です。

事業年度終了届の提出書類

事業年度終了届の提出にあたり、必ず提出が必要な書類は以下の通りです。

  • 変更届出書
  • 工事経歴書
  • 直前3年の各事業年度における工事施工金額
  • 貸借対照表
  • 損益計算書・完成工事原価報告書
  • 株主資本等変動計算書
  • 注記表
  • 付属明細表(資本金
  • 事業報告書(任意様式)
  • 納税証明書

事業年度終了届の提出にあたり、現在届出をしている内容に変更があった場合は以下の書類も必要になります。(変更があった部分のみ)

  • 使用人数を記載した書面
  • 建設業法施行令3条に規定する使用人の一覧表
  • 国家資格者等・監理技術者一覧表
  • 健康保険等の加入状況
  • 定款

事業年度終了届の提出を怠った場合

事業年度終了届は法人の場合、事業年度の終了から4ヶ月以内、個人事業主の場合、4月末までに提出しなくてはなりませんが、現実には忘れていたり、業務に追われ提出ができないままとなっているケースも考えられます。
このような場合、実務上は提出ができていない分をまとめて提出することができますので、提出を忘れたことにより5年後の更新ができなくなるということはありません。
建設業許可の5年ごとの更新時には毎年の事業年度終了届の提出が済んでいることが必要なため、極端なケースですと新規に許可を取得したあと一度も提出をしていないと5年後の更新時に過去5年度分をまとめて提出することになります。
5年分をまとめて作成するには、かなりの労力が入りますし、また5年前の工事の内容などは忘れてしまっていることも多く、結果的には毎年きちんと提出しているよりも余計な労力がかかることになりかねません。

お問い合わせはこちら

行政書士大口事務所
代表者 大口剛弘
所在地 岐阜県可児市下恵土1315-4
電話番号 0574-48-8590
ファックス 0574-48-8591
メール info@gifuken-kensetsugyoukyoka.com
営業時間 9:00~18:00
営業日   月曜日~土曜日(日曜・祝日休み)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab